2019年8月25日日曜日

キルギスぶらぶら旅ー1 関空~アルマトイ


今日から”キルギスぶらぶら旅”が始まります。

今日は、神戸からカザフスタンのアルマトイまで移動する。
アルマトイはカザフスタンの元首都で国の東南に位置する。

今回のぶらぶら旅はカザフスタン(アルマトイ)に入国して、観光し、その後、陸路キルギスの首都ビシュケクへ移動する。

今回はUさんとの二人旅。
旅の準備は、3ヶ月前からUさんに促していたにもかかわらず、昨夜ガイドブックを買いに行った強者!

ブッツケ本番で、準備は昨夜遅くまでかかったらしい。
機内持ち込み/預入荷物の仕分けが出来ておらず、空港カウンター前で荷物の作り直し。
やれやれ どうなることやら!

今回もKoreaの航空機。
軽食が出た。
日本で積み込んだから大丈夫だろうと平らげる。


インチョン空港に着いた。
6月のウズベキスタンぶらぶら旅で立ち寄ったので、要領は分かっている。

ロビーで、タイミング良くお出迎え!


乗継の待ち時間をラウンジで過ごす。
内部は結構広い。
食べ物はイマイチ


アルコール飲料はビール/ワイン
白ワインをいただいた。

受付でプライオリティパスくを見せたが有料/無料が分からない。
5時間まで使用できるのは良い。



明日のBlogへ続く



2019年7月10日水曜日

これからウズベキスタンへ行く人の為に


ウズベキスタンぶらぶら旅は終わりました。
(画像をクリックすると拡大します)


◆これからウズベキスタンへ行く人の為に思いつくまま列記します。
 (2019年7月現在)

◇査証(ビザ)情報
 2018.2.10より、入国から30日間の滞在に限り、ウズベキスタン査証免除。
 滞在登録は別途記載


◇入・出国カード
 通常の場合、何れも必要ありません。
 二千米ドル以上を持ち込み、持ち出しの場合や、免税範囲を超える物品は要申告。


◇クレジットカード情報
 日本発行のカードは、ほとんど使えない。
 今回使用できたのは、事前購入の航空料金、事前予約の宿泊料金、一部のスーパーマーケットで例外的に使用。
 ブランドはVisa、Master Cardのみ。


◇通貨
 主に現地通貨(スム)。インフレで単位が大きいので注意。
 上の十万スム札は、日本円で約千三百円。
 (千で割って、十三掛けていた)

 米ドルも流通しているが鉄道チケットはスムでしか買えず、予め両替が必要だった。
 スーパーマーケット、コンビニもスムのみ。
 旅行客相手のタクシー、レストラン、みやげ物屋は双方OK。
 (ドル換算は丸めるので、スム支払いの方が得)


◇両替
 タシケント空港、訪れた街の駅などで日本円からスム(現地通貨)へ両替可能。
 ただし、米ドルからスムへ両替する方が、為替レートが良い場合が多かった。
 サマルカンド駅のみ日本円が強かった。

 ATMは街の至る所にある。
 日曜営業の銀行窓口もあった。
 なお、両替でパスポートの提示要求は無かった。
 (NZでは身分証明書の提示要求あり)


◇SIM情報
 タシケント空港到着ロビーにUMS社のカウンターが在り、旅行者向けのSIMを販売している。


 料金はus$5でインターネット8GB、通話400分、SMS400通

 購入時パスポート提示要求あり

 訪れた街では支障なく繋がり、ストレスを感じる事は無かった。
 ただ、郊外に出ると繋がらないところが有った。


◇Wifi
 宿泊施設ではWifiが完備していた。ただし、共用部分でのみ有効の宿もあった。
 レストランなどWifi完備は稀で、市中では通じないと思った方が良い。
 現地SIM購入がベター。スマホのテザリングでタブレットも使える。


◇観光案内所
 空港に申し訳程度にあったが、情報量が少なく、無料市内マップなど無し。
 鉄道駅でも見かけなかった。降車時に駅舎内を通ら無いので、設ける必要が無いのかも知れない。
 例外的に有名観光地に在ったが、市内で見かける事は無かった。


◇公衆便所
 有名観光地にはあるが有料(千スム)
 市中のレストランには有るが、コンビニ、スーパーなどに無し。
 穴場は、大きなホテル。たいてい無料で使わせてくれる。


◇日本人墓地
 タシケントとブハラにある。


 1945年大東亜戦争敗戦とともに、ソ連に不法抑留された日本人の内、タシケントに79名、ブハラに159名の方々が眠っておられます。

なお、タシケント市内中心部に日本人抑留者が建設に従事し、その功績を今も市民から感謝されているナブォイ・オペラ劇場が有る。



◇国内移動チケット
 列車は日々変わっている感じ。
 Time tableは無い。
 地図(Google map)に無い処を列車は走っていた。

 従って、日本で購入より、現地購入がベター。
 チケット購入窓口は駅舎内に無い。
 駅舎近くの別棟でチケットを販売している。従って、チケット販売窓口はノーチェックで入場できる。両替窓口が併設されている処もあった。
 通貨はスムのみ。
 米ドル、クレジットカード不可。

 市内乗合バスや、地下鉄は料金が1200スム(約16円)と安い。
 ただし、路線マップをくれないので、慣れるまで大変。

 何れも、チケット購入はスムのみ。


◇タクシー
 公共交通が充実してないせいか、タクシーは多い。白タクも普通に走っている。その区別はつかない。
 空港、駅で観光客を待受けるタクシーは、英語を話せる客引きと、話せないドライバーの分業制。(これらは全て白タクかも知れない)
 客引きが行先を聞き出し、3~4倍の値段を吹っ掛けてくる。予め、ガイドブックで価格を調べておき、標準的な価格まで値切ること。(この交渉が楽しい!)
 交渉がまとまれば、ドライバーにタッチ。ドライバーはピンキリで、サマルカンドが程度が一番悪かった。
 しかし、正規タクシー、白タクとも、夜半でも危険を感じた事は無かった。

 配車アプリUberは効かなかった。同YandexTaxiアプリも試したが、サマルカンドでも未対応だった。



◇滞在登録証明(Guest Registration Card)
 宿舎に要求すれば発行してくれたが、

 旅行中や、出国審査で滞在登録証明の提示を求められる事は無かった。
 在ウズベキスタン日本国大使館のウエブサイト情報では、72時間以上滞在の場合は必須の様に書かれてある。
同日本国大使館発行の手続き一覧表 ← クリック

しかし、2018.2.10より、入国審査時に30日までの滞在登録が行われるため、その間の旅行は、別途の滞在登録は不要だと思われる。



◇街の状況
 オアシスだけに、砂漠から飛来する細かい砂粒で、街は埃っぽい。
 一歩路地に入れば未舗装道路で、表の舗装道路も穴ぼこだらけが多い。


◇建物(住宅)
 地震の少ない国柄で、耐震規定など無いように見受けた。
 主要構造部材(柱、梁など)は細く、鉄筋量も極めて少ない。


 あるB&Bは部分増築を繰り返し行った為か、不同沈下を起して床が傾いていた。最上階の食堂はチョットした風でも横揺れしていた。
 日本ではとても考えられない建物で暮らしている。
 地震が起こらない事を願うのみ。


◇車
 シボレーブランド車が多かった。

 ウズベキスタンGM社製らしく、安く供給している模様。
 価格は、us$10,000~15,000
 日本車は高くて手が出ないらしい。


◇人情
 とても良い。
 年代を問わず挨拶を交わしてくれる。
 特に、子供や若者がニコニコしながら寄ってくる。汚いものを見る様な表情の女高生など一人も居なかった。
 どこかの国とは大きく異なる。

 サマルカンドは有名になり過ぎたのか、少し荒んだ感じがした。ヒブァ、ブハラの人達は、昭和前半の良き日本を思い起こさせてくれる。


◇言語
 ウズベク語。ロシア語も通じたようだが、こちらが全く分からない。
 旅行者相手の処は英語が通じるが、スーパーマーケット、コンビニなどで英語が全く通じない人が多い。困っていると、誰かが寄って来て通訳してくれた。
 スマホは必須アイテムで、翻訳機能が活躍した。


◇食事
 全体的に脂っぽい。

 口に合ったのはラグマン(うどん入りスープ)
 シャシリク(串差し焼肉)は、他の料理にも合い、毎回食べていた。
 ナンは地域により異なる。サマルカンドのナンは密度が高くて持つとずっしり重い。


◇物価
 安い。



 日本の約1/10程度か?
 日本の年金生活者がウズベキスタンで暮らすと、豪勢な暮らしができる。


◇年金
 一ヶ月、約百米ドルらしい。
 少ないとぼやいていた。


◇空港ラウンジ
 インチョン空港は出発ゲート近くにあるが、Priority passのみ有効。Amexカードはインチョン空港に在るとうたっているが、見つける事が出来なかった。
 タシケント空港はPriority passのラウンジ無し。


◇ワンポイント・アドバイス
 米ドルの一ドル紙幣が使い易い。後は、50ドル、20ドル紙幣で嵩張りを防ぐのが良い。



初日のBlogへジャンプ

2019年7月8日月曜日

ウズベキスタンぶらぶら旅 総括 謝辞

ウズベキスタンぶらぶら旅は終わった。

◆旅の総括(個人旅行)
◇日 程:2019.06.25~07.08  14日間



訪問地:タシケント(Tashkent)→ヒブァ(Khiva)→ブハラ(Bukhara)→サマルカンド(Samarqand)→タシケント(Tashkent)








国内移動:タシケント→ウルゲンチ間は航空機、
     ヒブァ以降の都市間移動は列車
     空港、鉄道駅から宿舎間はタクシー、バス


宿 舎:タシケントはアパート(2LLDKのマンション)
    他の街の宿泊はB&B


費 用(二人分)
 航空料金
  国際線:約20万円
  国内線:約1万円
 宿泊費:約us$382
 列車+タクシー+食事+みやげ代:us$360
  (バス、地下鉄など含む)
 関空往復:約8千円(乗合タクシー、シャトルバス)

 合計:約30万円 一人当たり15万円
 (パック旅行の約1/3)



◇旅行保険
 クレジットカード付帯保険のみ。
 死亡時 カード本人一億円。関空までのタクシー代を相方のクレジットカードで決済し、相方も一億円。
 しかし、双方死んだら死亡保険など必要ない。
 旅行中の疾病、携行品、遅延など充実しているかチェック必要。



◇気候
 訪れた時期は非常に暑かった。

 雨が少ない時期で、ポツポツ降る時もあったが、傘をさす事は無かった。
 曇り空の時は気温が上がらないので、快晴より曇り空が嬉しかった。




◆謝辞
 長くウズベキスタンぶらぶら旅を見てくださった皆様ありがとうございました。
 拙いBlogですが、今後とも宜しくお願いいたします。




初日のBlogへジャンプ




2019年7月7日日曜日

ウズベキスタンぶらぶら旅 タシケント~神戸

いよいよウズベキスタン最終日。
今夜のフライトで帰国する。

朝から、近くのマーケットに行き、
その後、宿に戻って昼寝。
昼寝は癖になってきた。



最後の昼食は、ウズベク料理の老舗レストランCaravan(カラヴァン)に行く。

カラヴァンは店内の雰囲気が昔の商隊宿風で旅行者に人気らしく、ガイドブックにも載っていた。



注文したのは、


サモサは大きくて、骨付きだった。

大食いの我々にとっても、さすが食べ切れず、サモサを一個残した。
すると、ウエイターが気を利かして、ドギーバッグに詰めてくれた。


有名人が来店しているのか、通路の壁面には、それらの写真が飾ってあり、
近くには水車も・・・


老舗レストランだけあって、従業員はしっかりしていた。

クレジットカードが使え、米ドル換算レートも端数まで示してキッチリ清算していた。

なお、同レストラン敷地内にはジャパレスの”泉”と
Satoもある。

帰りに呼んでくれたタクシーも、料金が安く、老舗らしさを守っていた。

タジキスタンのレストランで、カラヴァンはお勧めです




午後7時、タシケント空港へ。
空港敷地入門時、荷物、パスポートチェックがあり、
空港建物入館時、更にチェック。



チェックインが始まっており、列が出来ていたが、
我々は既にWeb Check Inを済ませているので、列に並ぶことなく荷物の預入完了。

出国審査。

手荷物検査。


空港待合ロビー

タシケント空港にプライオリティパスで利用できるラウンジは無かった。
残念!
在るのは、ブランド店やカフェなど数店。

空港内の値段はメッチャ高い。空港の外と内は大違い!
価格表示も$と€だけ。

500mlの水すらus$0.5(4,250スム)し、他は全て一ドル以上。一ドル相当未満のスム(端金)を持っていても、空港内で使い切ることはできなかった。


コリアン・エアーの機内食。
ビーフ、チキン、フィッシュからチョイスは出来る。
ビーフにしたが、麺は食べられなかった。



インチョン空港(トランジット)のラウンジ。
軽くワインを飲み、フルーツをいただく。




明日のBlogへ続く