2019年6月26日水曜日

ウズベキスタンぶらぶら旅 タシケント市内観光

今日はタシケント市内観光をする。

先ず宿舎近くの銀行で両替をしてから、オペラ劇場を目指す。
次いで、歴史博物館に寄り、日本人墓地にお参りし、タシケント1番の市場、チョルスー・バザールを経由して戻る予定。

先ず、銀行に立ち寄る。
昨日、空港で両替を済ませたが、2千ドルだけだったので、心細くなり、立ち寄ったもの。
為替レートは
米ドルが8560スムで日本円が64スム。
(米1ドル=110円として)日本円で比較すると、米ドルの場合1円が78スムで、米ドルの方が得だったので米ドルから両替した。

ティムール広場手前には、ホテル・ウズベキスタン、その奥に、国際会議場がある。

国際会議場屋根のツル。

ティムール広場に着いた。
暑い!
30度は超えている。
アイスクリームを買う。 安い!
4千シムだから、日本円で約52円。

更に歩いて、ナブォイ・オペラ劇場着。
この劇場の歴史が外壁に掲示されている。
大東亜戦争の敗戦と共に、旧ソ連に抑留捕虜となった日本兵によって建設された劇場。



その後の地震にもビクともせず建っている。
外壁には感謝の言葉が掲示されており、お隣のC国やK国とは雲泥の差がある。

掲示された文面をご覧ください。
日本兵の功績をたたえて、あえて"日本国民"という言葉が用いられています。

同劇場から近いウズベキスタン歴史博物館に入場。



入場料一人]16000スム。(約210円)
代表的な展示は”ガンダーラ仏”
1~3世紀の仏像
などなど。


12時が近付いたので、
同博物館の従業員からプロフの食べられるレストランを訊き、

プロフで昼食。


日本人墓地は少し離れているので、タクシーに乗った。
流しのタクシーを捉まえたのだが、値段交渉ではボラれた。
他の手段では行けないので仕方ない。

日本人墓地。



ここに、抑留中に亡くなった79名の日本人が眠っている。

参り終わった頃を見計らって、乗ってきたタクシーがやってきた。
彼は、戻りも我々を乗せて稼ぐつもりらしい。
我々はバスで戻るつもりだったので、今度は強気で値段交渉して、復路は往路の1/3の値段で交渉成立。
まあ・・・均せば、適正価格になったのだろう。
気の良いドライバーで往復とも楽しかった。


中央アジア最大の”チョルスー”バザール。
その内部も馬鹿でかい。





同バザールから宿舎までは、地下鉄に乗って戻った。
地下鉄の料金は一人1,200スム。日本円で16円。
窓口で払えば、プラスチックのコインをくれる。
改札口で差し込み、ホームに降りる。



今日の最後は、スーパーマーケットでの買い物と夕食。
スーパーマーケットは宿舎から徒歩5分。
物価は、全て安い!





レジはVisaカードだけが使えた。
此方のレジ横にある変わったもの。
お札を数える機械だ!
此方はインフレで大きな金額札が非常に多い。
それに、クレジットカードなど未発達なので、上の機械は必需品なのだろう。

明日の朝食に買った、
水、パン、バナナ、ヨーグルトでを迎えに来たもので、21,199シム。(日本円で276円)

夕食も182円だった。



明日のBlogへ続く




2019年6月25日火曜日

2019ウズベキスタンぶらぶら旅 関空~タシケント


今日からウズベキスタンぶらぶら旅が始まる。
(画像をクリックすると拡大します)
関空からの直行便が無く、インチョン経由で出発。
K国の航空会社だけに、なぜか緊張する。
置いてある新聞もお似合いのお仲間。

インチョン空港に着いた。
次便の搭乗ゲートを確認して、
とりあえず、ラウンジへ。
Amexカードを示すと、有料です。って言われ、
Priority Passを示したら無料だった。



これだけは、遠慮した。
ここは、アルコールも飲み放題。
食べ過ぎないように、もっぱらワインを戴く。


インチョンから8時間弱。
タシケントが見えてきた。

タシケント空港の入国審査は至って簡単!
入国カードも無かった。
機内で入国カードらしきものが配られたが、us$2000相当を超える現金、及び、免税範囲を超える物品を持ち込む場合だろうと判断して、何も書かなかったが、それで正解だった。

パスポートコントロールを出たら、荷物のピックアップで、その傍に、両替窓口があり両替した。
20米ドル両替したら、170,800スムだったので、1米ドルで8,540スム。
日本円からでも出来る。

次いで、現地SIMを購入した。
2週間の滞在だと言ったら、出してきたのがこのSIM。
データ量は8GBだと言っていたが、価格はus$5だった。
8GBも使わないが、安かったのでそのまま買った。

バッグのピックアップ、両替、SIM売り場は一ヶ所にかたまっており、旅行者にとっては便利。


空港外に出たら、タクシーの客引きが凄い。
行き先を伝えると、最初は10ドル、次いで5ドル。
空港の玄関ドアーから離れるにしたがって、価格が下がる。

結局、4ドルで話がまとまって、目的のアパート(宿舎)へ到着。

アパートに受付は無く、どうなるのか分からなかったが、タクシードライバーが電話したらしく、オーナーが迎えに来てくれており一安心。







大きなアパートで、ベッドルームは2部屋ある。
大人4人までOK。

リネン室も有って、日本の2LDKの2倍ぐらいの広さ。



明日のBlogへ続く