2018年6月29日金曜日

2018 スペイン ぶらぶら旅ー12




今日はマラガからグラナダへ移動する。
宿舎を早めにチェックアウト(鍵をテーブルに残すだけ)し、カテドラルを経由して路線バス停に向かう。


午前8時の街は未だ眠っているよう。


長距離バス・ターミナルからALSAのバスに乗る。
このバスは3列シートのデラックスだった。
流石、ALSA!
全座席にTV付き!
勿論、スマホ充電用コンセントも具備。
冷房もガンガン効いて寒いくらい。

路線は山岳ルート。名古屋から長野に向かう中央道のよう。

予定より早くグラナダ長距離バス・ターミナル着。
ロビーに入ると直ぐ目に入ったのがスイーツの店。
思わず、買ってしまう。

観光案内所は、ここも美女。
マップを貰った後、宿舎への行き方、アルハンブラ宮殿への行き方、サン・ニコラス展望台(ビューポイント)への行き方などレクチャーを受けて、ターミナル前から路線バスに乗る。



宿舎が見つからない!
観光案内所の美女がマップに記してくれたが、現地に来ても分からない。
宿舎の座標値をスマホに入れても、安物のスマホは誤差が大きくてダメ。

だが・・・マラガでの経験があって、住所の見方が出来るようになっていた。
住所表示の末尾に”3°”など書いてあるのは、角度ではなく、共同住宅の部屋番号のこと。

その経験が生きて、マンションを突き止め、部屋番号の呼び鈴を押せた。

宿舎のマンションは1LDK。




日本であれば、民泊だろう。

マラガのマンションは広過ぎたが、ここは丁度良い広さだった。


宿舎で一服後、街を探索。
先ず、日本語情報センターに行く。
観光案内所では聞けなかった情報を得てから、イザベル・ラ・カドリカ広場横の、
イザベル女王とコロンブスの像
アルハンブラ宮殿行きバス停を確認し、昼食に向かう。

レストランは”レオン”
料理は
 ↓サクラモンテ風オムレツ
 ↓鹿肉のマリネ


食後、サン・ニコラス展望台へ路線バスで向かう。
バスは”どんぐりバス”(森北町のコミュニティ・バス)のよう。
狭い路地を走るにはこれしかない感じ。

同展望台からアルハンブラ宮殿を望む。


遠くの山には雪が残る。
同展望台からアルハンブラ宮殿の夜景


夜景に集まった人達は昼間よりも多かった。

今日も夜遅くまでよう遊んだ!



◇旅行中の洗濯について
宿舎に洗濯機があれば助かるが無い処が多い。
一番困るのは脱水。
きつく衣類を絞ると繊維が切れるので、そこそこの絞りしかできない。すると、乾燥に時間がかかる。
バスタオルでの脱水は定番だが、安い宿舎や山小屋はバスタオルの具備が無い。
(今回の宿は全て具備していたが・・・)

今回、セームタオルを持参してきた。
よく吸い取り、乾燥が早いらしい。
これに洗濯物を広げ、
巻き寿司同様に巻き、うどんを踏むようにして、タオルに水分を吸収させる。

この宿舎で初めて試したが、結果は上々だった。



明日のBlogへ続く




0 件のコメント:

コメントを投稿