2024年7月10日水曜日

日本蜜蜂を今年こそ飼うぞ! 設置から一ヶ月半


梅雨とはいえ、7月に入ってから気温が上がり、30℃を超えだした。

巣箱内の温度が上がると、日本蜜蜂は逃去する恐れがある。
暑さ対策を師匠に相談すると、巣箱の底板を金網に代えてみたらと言われ、
◇昨日底板をDIYした。

(↑出来上がり)

元々の底板は12㎜ラワン合板で作ってあったが、


今回は薄いラワン合板2枚の間に金網を挟み込みんだ。
中央部分に大きな開口部を設けてある。




最後は、蜜蝋を塗り、バーナーで焦げ目がつくまで炙った。
これで、蜜蝋を馴染ませ乍ら、部材の殺菌も出来た。

◇巣箱底板の取り換え
今朝、6時から行った。
何故早朝に行うかと言えば、その時間帯は日本蜜蜂の活動時間では無いのが理由。
つまり、知らない内に取り換えようというもの。

ところが、思う様には行かない。

古い底板の巣門付近に居た蜂が、そこを離れようとはしない。

時間をかけて、なんとか底板を金網付きに取り換えた。

◇蜂の巣は
底板に近い処迄成長していた。
二週間で巣箱一段分(15㎝)成長した事になる。

(巣の先端部は近すぎてピンボケになった(見上げ写真))
このままでは、数日で巣が底板に届くので、継箱をするか否か迷い、師匠に相談した。

師匠曰く
継箱せずにこのままにしておく。
理由は、左側に空間があるから。(
上の写真参照)

蜂は、巣を下に伸ばせられない場合、横に伸ばすので、横の空間を埋めるのを促そうと言うもの。継箱をすると、更に下に伸びるので良くないらしい。

これからは、数日おきにチェックしなければならない。




2024年7月8日月曜日


今度はアメックスを騙るフィッシングメールが届いた。
メール本文は

(画像をクリックすると拡大します)
本文の日本語、
宛先(個人)名が無いのが不自然。本文にも怪しいところがある。
句読点もおかしい。

が・・・アメックスを騙っているので、騙される人も居るのだろう。

ご用心! ご用心!

メールヘッダーは

ご用心! ご用心!

念の為、このメールのソースは、

(画像をクリックすると拡大します)

(画像をクリックすると拡大します)


2024年7月6日土曜日

またしてもフィッシングメール


今回は三井住友カードを騙るフィッシングメールが届いた。

(画像をクリックすると拡大します)
矢張り、発信国は中国(cn)となっている。

このメールの目的は、中ほどにあるURL(水色の文字)をクリックさせて、上手く誘導して、個人情報を抜くのだろう。
httpsが付いているのが癪に障る。

この様なメールを受け取った場合、無視して、削除するに限る。

ご用心!  ご用心!



2024年7月2日火曜日

レモンの接ぎ木 一本の木に二種類のレモンを接いだ


4月14日にレモンを接ぎ木した。
台木もレモン。穂木もレモン。


ただし、台木の品種は分からない。ホームセンターで購入した苗木を育てたもので、品種は不明だった。昨年、台木のレノンに実が生り収穫したが、形、味ともイマイチだったので、鉢植えで育てている登録品種の2種類を接いだ。
接いだ品種は、手前側が”璃の香”(りのか)で、向こう側が”シードレスあや”。
成功すれば、一本の木に二種類のレモンが生る。何れも登録品種。

接いでから約80日目。


新芽の成長が良い枝、新芽が出たが成長がイマイチな枝、枯れてしまった枝が混在する。

新芽の成長が良い枝は、

(↑シードレスあや)
(↑シードレスあや)
(↑シードレスあや)
新芽が出たが、成長がイマイチな枝。
(↑璃の香)
(↑シードレスあや)
(↑璃の香)
10ヶ所接いで、2ヶ所が枯れた。
従って、成功率は80%となる。

接いだ”シードレスあや”は名前の通り種無しレモン。”璃の香”は大粒のレモンで美味しい。

来年以降は二種類のレモンを収穫できる。



2024年7月1日月曜日

久しぶりのフィッシングメール


フィッシングメールが久しぶりに届いた。

トヨタ TS CUBIC CARDを騙ったメールで、
差出人はMY TS CUBIC となっているが、発信国が”CN”となっている。

(画像をクリックすると拡大します)
メールに添付された画像などは非表示にして、リモートコンテンツをブロックしてある。

上図の請求内容で、クレカの使用など不審に思い、メールに従って操作すると、奴ら(相手)の思う壺で、個人情報が抜かれるのだろう。

一方、
TS CUBICのウエブサイトには、フィッシングメールに騙されないよう、呼びかけが・・・

(画像をクリックすると拡大します)
矢張り、差出人(送信元)の確認が必須。

差出人の発信国が”CN”(中国)であれば、無条件で削除するに限る。