2018年6月30日土曜日

2018 スペイン ぶらぶら旅ー13



今日はアルハンブラ宮殿観光。

昨日下見したバス停から循環乗合バス”C3”でメインゲートに向かう。このバスも、昨日と同じミニバスだった。狭い路地を走るので、大型バスは無理。
従って、バスは頻繁にやってくる。

メインゲート前でオーディオ・ガイドを借りた。
一台6€。返却を担保するため、銀行のカード、若しくは、クレジットカードの提示を求められる。
入場チケットは日本からネット購入済みで、印刷して持参。
ガイドブックでは、入場窓口でチケット交換するように書いてあったが、印刷面にQRコードがあるので、入場時それを示せばOKだった。

開門(8:30am)と同時に入場。
ゲート付近は緑が豊富で清々しい。

ナスル宮殿方向に向かう。

カルロス5世宮殿が見えてくるので、横を回り込む。



ナスル宮殿の入場時間はチケット購入時に決めてあり、我々は9:30amだった。
それまでの間、東端の”ベラの塔”(ナスル宮殿より先)へ行く予定だったが、時間がたっぷりあるので、周辺を歩き、時間をつぶす。
ナスル宮殿はアルハンブラの目玉だけに、観光客は集中する。
時間前に列につく。
いよいよ入場。
内部は細かい石膏細工で覆い尽くされ、処々の壁にはモザイク・タイルも。









ガイドブックによく出てくる”アラヤネスの中庭”。


ライオンの中庭。



この辺りまで来ると、同じ様な光景と疲れで、ボーッっとしてくる。








ナスル宮殿で2時間強過ごし、疲れ果てて、カルロス5世宮殿横で休憩。

カルロス5世宮殿のミュージアムを見てから、アルカサバ~ベラの塔に向かう。

ベラの塔外壁には大きなヒビ割れも。
同屋上。
ここの眺望は素晴らしい。
昨日登った、サン・ニコラス展望台も正面前方に見える。


ベラの塔屋上からの動画




パラドールに寄った後、
ここの最後の観光地、ヘネラリフェ。



噴水が素晴らしい、アセキアの中庭。


スルタンスの中庭~夾竹桃のトンネルを抜けて、メインゲートへ戻る。



オーディオガイドを返却して、外に出たら、午後3時を過ぎていた。
アルハンブラ宮殿に7時間近く居た。

長かったな~~ぁ

4時になるとレストランが昼休みに入るので、大急ぎでバスに乗り、街に戻って遅い昼食。





幸い、ラ・ヌエバ・ボデガは昼休みも営業していた。
助かった!!!

昼食後は、宿舎に戻って昼寝タイム!


明日のBlogへ続く