2018年7月5日木曜日

2018 スペイン ぶらぶら旅-17



スペイン最終日。
バルセロナ11:05発のフライトで日本へ戻る。


バルセロナ空港まで地下鉄を利用するが、重いスーツケースを持っての移動は、遠回りになるが、乗換が容易なルートを選ぶ。そのため、約1時間かかり、料金も市内料金の2倍近い4.6€。

バルセロナ空港は国際空港だけあって結構広い。
我々の航空会社(KLM)は自動チェックインだった。
パスポートを読み取り機にかけるだけで、後はYes、Noを選択するだけの簡単操作。
(既に座席やマイレージを登録済だったから、簡単だったのかも知れないが・・・)
機械から、大阪までのボーディングパスと荷物のタグが出てきて完了。

だが、出発ゲートが決まってなかった。
ボーディングパスの受け取り時、出発空港のゲートは通常決まっているがここは違った。
TVモニターには出発ゾーンだけ出ており、
出発約1時間前に出発ゲートが決まり、表示する。
上の写真で、11:05発アムステルダム行きは”B36”ゲートだが、11:15発リスボン行きは”B”だけ表示で、ゲート番号は未だ決まってない。

またしても、出発が遅れた。
11:20ようやく出発。

しかし、アムステルダム空港には定刻に着いた。
ホッとするも、乗り継ぎ時間は1時間5分。
この空港で出国審査を受ける。混んでいたら大変!
大急ぎで、”F”ゾーンへ。

案の定、パスポートコントロールは長蛇の列。
イライラしながら、前を通った係員に早くして欲しいと、大阪までのボーディングパスを見せると、列の先頭に導いてくれた。感謝!

大阪(関空)行きは”F3”ゲート。
これに乗ってしまえば一安心。

定刻に出発し、7月5日8:55関空着。



今回の旅行では日本人を示すために日の丸を付けて行った。
下手な英語を喋れば、先方は日本人だと分かるらしいが、会話しない限り分からない。
それに、欧米人は東アジア人の区別がつかない。

ザック
↑ 後ろ側
↑ 前 側
帽子
このお陰かどうか定かでないが、嫌な思いをする事は無かった。

それと、サッカーワールドカップでコロンビア戦に勝った時は、多くに人達から祝福された。彼らは、同じスペイン語圏のコロンビアを応援していたが・・・




◇謝辞
スペイン ぶらぶら旅はこれで終了です。
拙いBlogを見てくれた皆さん、ありがとうございました。



初日のBlogへジャンプ




0 件のコメント:

コメントを投稿