2016年4月23日土曜日

サンティアゴ巡礼路 パリ~SJPP

2016年4月23日出発地パリ
旅行:3日目到着地サン・ジャン・ピエ・ド・ポー
出発到着休憩歩行距離時速累計残り
時:分時:分時:分時:分kmkm/hkmkm
0.0780.5
歩行日数:日※休憩時間に、歩行中の観光を含む。
宿泊施設宿舎名Wifi可料金食費他
ホテルGite Azkorria 31.45 €19.98 €

早朝、モンパルナス駅 7:28発のTGVでバイヨンヌに向かう。
昨夜のホテルは同駅から5分くらいの処だったので、早朝出発でも問題ない。
駅には余裕をもって6時半ごろやって来た。

フランスの鉄道は乗り場が出発直前まで決まらない。日本の新幹線であれば、2ヵ月前に切符を買うと、その時出発ホームが決まっている。
それに慣れている日本人にとっては気が気ではない。

フランス人は慣れているのか、掲示板の前で、乗り場ホームが決まるのを待っている。


出発15分前になって、ようやく出発ホームが決まった。
それまで掲示板の前にいた乗客は”民族大移動”のごとく出発ホームに向かってゾロゾロ移動する。

TGVはすごく長い。
モンパルナス駅のホームは湾曲しており、手前から先頭車両が見えないので、自分の車両を探すのが大変だ。

何とかたどり着いて着席し、ホッとしてたら列車が出発した。
時計を見たら、オンタイムだった。

切符は持ってない。
列車をネット予約した時、送ってきたEチケットで乗ってよかった。
昨日、搭乗券に交換するか訊いたら、Eチケットにバーコードがついており、それを車掌が読むだけでOKと言っていた。

約6時間10分でバイヨンヌ駅に着いた。
ここで、在来線に乗り換える。
乗り継ぎ時間が約2時間20分あるので、外に出て、昼食をとった。




在来線の列車はTGVに比べるとオモチャの様に小さかった。

約1時間で目的地サン・ジャン・ピエ・ド・ポーに到着。

ここまでで、2人の日本人に出会った。

まず、巡礼事務所に向かうが、列車を降りた連中の後をついて行くと同事務所にたどり着いた。



巡礼手帳はすでに持っているので、出発地の証明スタンプだけもらった。

古い街で、街歩きを楽しむ。





明日から巡礼が始まる。
この貝殻を目当てに歩くことになる。





0 件のコメント:

コメントを投稿