2017年7月5日水曜日

スイス・トレッキング-12

ツェルマット4日目
今日も山頂カメラは快晴。
昨日は、マッターホルンの一番近くをトレッキングしたので、今日は一番遠くをトレッキングしようと、ツェルマット地下ケーブル駅からロートホルン(Rothorn)に向かう。

ケーブルカーは8時から運行開始。
上の駅スネガ(Sunnegga)2288mから見たマッターホルン。
スネガからゴンドラとロープウェイを乗り継ぎ、ロートホルン(Rothorn)3103mに到着。
ロートホルンの動画。


ここからのトレッキングルートは幾つかあるが、尾根道を下ることにした。
尾根道はトレッキングマップでは赤線で、表示はDifficultになっている。まあ・・・上級者コースらしい。
日本の団体客はオレンジ線(Medium)を下りて行った。




尾根道は歩行者が少なく、景色が抜群で、歩くのも面白い。



コーヒーブレイク。下に見えるのはツェルマット。
尾根道はどこからでもマッターホルンが見える。

分岐点に来た。
ここからは山腹をブラオヘルト(Blauherd)に向かう。
マッターホルンに向かって歩く。


道端のエーデルワイス。

尾根ルートで出会ったのは数組だけで、日本人は居なかった。


ブラオヘルトから少し下がった処で昼食。

ここから、リッフェルアルプ(Riffelalp)に向かうが、午前中とは大違いの道。



途中、出会った女性グループは尼崎市の山岳会に所属する人達で、過去の六甲山清掃登山や下草刈り登山で一緒に活動していた人達。

彼女達はゴルナーグラートからスタートし、ツェルマットまで歩くらしい。


そんな事をしながら、リッフェルアルプに到着。ここは一昨日も来た所。
一昨日同様に登山電車でツェルマットに戻った。



明日のBlogに続く



0 件のコメント:

コメントを投稿